旅先の文具屋

2011.11.19 Saturday
 
(photo by yuginoo)

旅行に出かけると、その地元にある文具屋に立ち寄るようにしています。

日本にあるようなファンシーな文具屋さんじゃなくて、紙しか置いてません!というような
セレクト感あふれる文具屋さんです。
お土産っぽいものもないし、ひと気がなくて地味でお客はほっとかれる、でも堅実な商品が並んでいる。

そういう気配のある場所は大抵いいものです。
さびれているのとは違う、一見店内は無口なようでいて一歩入ると普段見つけられない面白いものを発見できたりします。

空に浮かぶ2

2011.09.15 Thursday

(photo by yuginoo)

同じ日のもう1枚。

個人的にこの写真が好きです。
うまく撮れずわかりづらいのですが、ヨチヨチあるきの女の子とお父さんの散歩の風景です。
ひらけた空の下、向かい風に吹かれ、道の真ん中でたたずむ親子の姿。
なぜか壮大なものを感じてしまい・・

二人は手をつないでないけど、同じ方向を向いていて、ぼーっと風を受けていました。
雨上がりの気持ちいい日で、なんだか二人、いいな・・と思い、優しい気持ちになりました。

空にうかぶ

2011.08.13 Saturday
 
(photo by yuginoo)

7月をすっとばしてしまいました・・

空が反転して映っている水たまり。なんだか宙に浮いたような気分。

隕石からDNAが発見されたそうです。
はあー、生命は宇宙からきたのか・・みんな宇宙の子なんだなと思えます。

雨あがり

2011.06.09 Thursday
 
(photo by jiji)

祖父の写真です。

雨あがりの日ざしが、虹色に反射していて、
なんだかガラス越しに泳ぐ熱帯魚の気分になります。


この季節、
都会にいたときには、湿気で地下鉄の匂いが銭湯のようになるのも好きでしたが、
田舎(?)に引っ越してきて、湿気で草木や土の香りが際立つのを感じられると
子供の頃にかえった気がします。
ホタルは飛んでるし、ウグイスは鳴いてるし、植田がまぶしい今日この頃です。

旅の絵本

2011.05.18 Wednesday

(photo by manatee)

アドリア海の遺跡、ドブロブニクの夕景です。
小舟が1艘、町に辿り着くところでしょうか。

安野光雅さんの旅の絵本を思い出した光景です。

春よこい

2011.03.27 Sunday
 
(photo by manatee)

おひさま、どうかみんなに力を分けてください
     
みんなの心をあっためてください




記憶

2011.02.10 Thursday
 
 (photo by jiji)

日常に追われていると忘れているのですが、ふとしたときに
心の記憶の奥行きに触れることがあると思います。


暗がりの中のバラ、この写真は祖父が撮ったものです。
ピンぼけしていて私は目を凝らしたくなり、そのうちになんだか
記憶の深い水の底に落ちていくような不思議な感覚になります。

美術館や博物館で一人っきりになった時や、懐かしい香りをかいだ時などに
忘れていた記憶が突如訪れるといったように、
私にとって祖父の写真は、自分でも覚えていない記憶を突くような存在です。

2011

2011.01.15 Saturday

(photo by manatee)

富士山から眺めた朝焼けです。
この後、太陽が出てしまうとその光に圧倒されて
閃光が走ったようなグラデーションはぼやけていってしまいました。
瞬きが惜しく感じるような光景でした。


うさぎ

2010.12.26 Sunday

(photo by yuginoo)

今年も残すところ一週間を切りました。
2010年は、みなさまのお陰で、yuginoo.を仮開業することができました。
来年は本腰を入れて運営していこうと思いますので、
よろしくお願い申し上げます。

写真は大久野島という島のうさぎ君です。
卯年がみなさまにとって良い年となりますように。

冬支度

2010.12.05 Sunday

(photo by manatee)

写真はフランスのリヨン、11月に撮られたものですが、
早くも真冬到来、犬が元気に走り回るのは、日本と同じですね。

雪に覆われた街は静寂に包まれて、頭もジーンと静まります。

また灯りは暖かさを増し、人々の気持ちも優しくなるように思います。
こういう季節にクリスマスがあるのは素敵です。