<< 2011 | main | 春よこい >>

記憶

2011.02.10 Thursday
 
 (photo by jiji)

日常に追われていると忘れているのですが、ふとしたときに
心の記憶の奥行きに触れることがあると思います。


暗がりの中のバラ、この写真は祖父が撮ったものです。
ピンぼけしていて私は目を凝らしたくなり、そのうちになんだか
記憶の深い水の底に落ちていくような不思議な感覚になります。

美術館や博物館で一人っきりになった時や、懐かしい香りをかいだ時などに
忘れていた記憶が突如訪れるといったように、
私にとって祖父の写真は、自分でも覚えていない記憶を突くような存在です。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック